或いは回転する棺桶

アジャイルソフトウェア開発・IOS開発、デバッカー・

掌編十五編

雨が止んだとき、私は傘をさしたままだった傘には雨粒が数的、素粒子のように付着していた。遠くから見たら私たちは何かの彫刻のように見えたことだろう。色とりどりの群衆のなかから何人かは黄色と銀の傘を絹糸みたいに擦れあわせながら私たちは何かの絵の風景のようにすれ違っていくのだろう。遠くの歩道橋から傘の群れを見下ろしている。一角の群れが通りすぎる。ジュゴンの群れはシュードラとしての道を切り開き田舎みたいな退廃した街を通りすぎ私は紅茶を飲むみたいにして手を傾けた。手は老人のそれみたいに嗄れていた。隅っこの枯れ葉色の喫茶店で若者ふたりが何ごとか喋っていて、写真をとるには何か惜しいような朝の風景であった時、稲光が絵の具みたいな街から聴こえ私は巨大な建物が見下ろしている交差点から出てきた。<終>

月曜日嫌い いつも眠たくなる 何か吐き出せなくなると 気持ちが悪くなる

胃のなかの 内臓にカメラを 破裂させると胃のなかの 蒼空が分裂して百個に増える 胃のなかの眼がこちらをみる シジフォスの神のようにオブジェクトとしての カメラを起動させて俺を見ている

憂鬱なときの夢は夕暮れのようで 契約違反の切符を切られる横断歩道 黄緑のもやのなかを歩くとき同時に眼も こちらを見ているのだが<存在>のように 眼はオブジェとしての役割をはたすが同時に <クト>としての接続詞は終焉を迎える ただ契約は契約としてアウストラトピテクスの時代も 人新世の時代も行き続けた斧が振り下ろされ 交差点は真っ二つに裂けた

ただ世界が裂けるとき 少女は闘いつづけた その閾のなかで ただ世界が裂けるとき 少女は唄いつづけた その閾のなかで いきとは閾である 骸骨の眼がこちら を見下ろし 少女は骸骨をみた

四角

刺青が裂ける 魚みたいに 絵の具が飛ぶ 魚みたいに 四角い部屋に 街として還元されず ただ要素として 青空が裂ける 魚みたいに 夕暮れが飛ぶ 街の隅で時計として 機能していた一角獣 の角が午前十一時五分を 知らせる

連続探偵小説【消失の消失】

計画経済は五年で終わりを告げた。

万里子はDVDに録画してあった「去年マリエンバードで」

を見たあと家を出てコストコで買い物をした。

店をでて途中親しくしていた佐里とすれ違う。

-なにを買ったの? 映画のなかのキスシーンを思い返しながらあどけない話をした。雪が溶けたあとがガードレールに印をつくっていた。駐車場にある中古車のマジックミラーからは猫が寝転んでいる姿がみえた。

連続掌編十五編

桟橋へ

階段を下りると、すでにそこにはいつもの

人々がいた。人形のような目をして遠くの

濁った川原を眺めている少女は死んだ魚み

たいな瞳をしている少女の対角線上にいる。

魚を釣っている男は自らが下げているびく

のなかに釣った鮎を入れていた。鮎は濁っ

た河のような目で遠くの空をみていた。

-なにしてるのん? 少年が訊ねると-うん?

まあ神様はここにはいないんだなぁって。

川のなかには反射した粒子がきらきらと

輝いている。それきり僕は歩くのをやめた。

【dialogue】

礼和になった記念にリッドの「サイバネティックス

史」と落合陽一「デジタルネイチャー」ガブリエル

「なぜ世界は存在しないのか」ケリー「インターネッ

トの次に来るもの」を併読している。

感想とかも書く予定。

f:id:gotogoto51045104:20190512210833j:plain

戯曲 〈 死んだ眉〉

IV

死んだ魚が干上がったまま上がってくる

眼がメタモルフォーゼしてヤモリみたいに

睨みつけてくる

〈眼〉アカハライモリみたいに睨めつけてくるな

〈眼〉やめろ

柳 揺れる 揺れる 揺れる

推論小説と推理小説の違い

〈 推論小説〉 theme ⟲

チャバネゴキブリの性の目覚め

春の庵

五行広告がある 人情味があった ビルの屋上で殺人事件がありました 人は死ぬし人は死ぬし人は死ぬし 人は死ぬし人は死ぬし人は死ぬしで 大変な騒ぎが起こりました或いは〉 春の煩悶は花粉の如き飛び散ります セロテープに蛾の鱗粉が突き刺さり 指が擦れて

3Dオブジェクトーキネクト

monologue

戯曲> 「死んだ眉」

ni

斧を担いだ雄猫 墓場の前で立ち止まる

信号機、斜めに曲がる そのまま点滅する

少年は黒い翼を持つ 図書館前で旋回する

樹はさざめくが林檎は実らない

戯曲 にじさんじ remix 「虹」

笹木、風を吸い込む

雪みたいに空気が眩しい

秒速五センチメートルにでてくる女の子みたいだと

椎名は想う

風がグラウンドを駆け抜けていく

粒子に似て

6時0分の舘の話

テーブルがある。 テーブルが在る が椅子はない。 法螺貝みたいに曲 がりくねった構造 の階段を行 ったり来たりする うちに灯りがひと つ無くなっ ていることに気づく が探偵は不在である。 テー ブルの上には牡蠣料理 と白ワインが乗ってい る。オーナーがオードブルを運んでくるのを待つ間 客ふたりは話をしていた 階段の下には経帷子を象った写真が置かれていて

Dialogue

これからは確実に技術の時代でありGeekの時代である「技術的転回」

suitもotakuも死語であり換喩の規則に従えばアルファギークならぬアルファオタクにでもなるほか

ないんじゃないか「言語学的転回」

働かなくてもいいというより下手に働くとaiの邪魔になるだけ むしろ働いてはいけない社会が

やってくるんじゃん? ブラック企業自慢 長時間労働自慢は荒れてた高校自慢みたいに恥ずかしいから

やめとけw

にじさんじ

恥ずかしい考えとかをリスナーに感電させて共感させるの羞恥 黒歴史伝えるのやめろっw

木は立ったまま眠っている

戯曲 死んだ眉

男 -やあ

女 -よっ

桜の木が揺れる 等間隔に

やなぎ ー世界は

雲が雲雀に突き刺さる

男、後ろを振り返る

誰もいない が 誰もいない

続きを読む

食べログ

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月11日日曜日

 

タスク・・・・なし

 

フューチャータスク・・・

 

マルチタスク・・・

 

ロールモデル・・・

 

にじさんじ・・・・ s氏・・距離の取り方で悩み・・Twitterのやり取りに不安・・ 

 

サブジェクティブ・オペレーション・・・

 

脳のos化・・・・

 

仮説的検証法・・・

インプレッション

 

呼吸回数・・・

 

シンキングアウトプットネス・・

 

悩み・witterのやりとりについていけてないので誰かわかりやすくまとめてるひとがいたら教えて

 

シュミレーション・・・